しぜん探検隊について
 
  概要
 
団体名上石神井小学校しぜん探検隊
設  立1999年7月
代表者浦 浩一
所在地練馬区立上石神井小学校内
  
 子どもには、いっしょに驚いてくれる大人が必要です
 
・・・これは、環境教育の母といわれるレイチェル・カーソンの言葉です。
                                                                              (「センスオブワンダー」レイチェル・カーソン 1956より)
でも、こんな東京の町の中に、子どもたちが驚くような自然なんてあるのでしょうか? いっしょに探してみましょう!ちょっとしたヒントさえあれば、あなたのすぐそばでも意外なほどいろいろな生き物や植物、自然現象に出会うことができるのです。

しぜん探検隊は、遠くに出かけるのではなく、身近な校庭や上石神井の町をフィールドに、小さな自然を発見し、共有し、広める活動を、大人と子どもでいっしょに、楽しく行っています。子どもも大人も気軽にご参加ください。きっとすてきな「驚き」との出会いがあるはずです
(写真はオオシオカラトンボのオス・7月のトンボ池観察会にて山崎さん撮影)
 
  代表あいさつ

子どもたちが自由に虫を追いかけたり、草花あそびをした原っぱ。カブトムシを探したり、ドングリひろいをした雑木林。オタマジャクシをすくって遊んだ小川や池や田んぼ。この上石神井の町でもいつの間にかそのような環境は 子ども達のまわりから  ほとんど消えてしまいました。  身近なこの町の中で子ども達がもっと自然にふれ,自然と遊ぶ中で自然や環境について学ぶことはできないものでしょうか。

校庭に自然復元型の「トンボ池」(ビオトープ)を作り、整備していくことを目的に学校が主体となってよびかけをして発足した「学校ビオトープ準備委員会」から発展して、ただ池を作るだけでなく「トンボ池」作りを中心に身近な自然環境を広く見つめ直す活動をしていこうと,上石神井小学校の保護者と教員によって 1999年7月に生まれたのが「上石神井小学校しぜん探検隊」です。
学校に「トンボ池」を作り、それを維持管理しながら、 同時にこの上石神井の町に今も残る自然を見つけたり、自然を呼び戻したり,復元したりする方法をみんなで探る息の長い活動をしていきたいと考えています。そのためには、学校の教員と子ども達の保護者と地域の住民が、   一緒に考え、それぞれの立場でできることを進め、また情報を交換しながらお互いに支え合っていくことが必要です。このページを通して一人でも多くの方のご参加とご協力をお待ちしています。
 
  隊員・スタッフ募集について
上石神井小学校しぜん探検隊では、隊員・スタッフを募集しています。
参加資格は上石神井小学校に在学されるお子さん、卒業生とそのご家族、および学校関係者です。
興味をお持ちの方はページ右上の「問い合わせフォーム」より事務局までご連絡ください。
 
  アクセス


 
 

上石神井小学校しぜん探検隊事務局

〒177-0044
東京都練馬区上石神井4丁目10−9
練馬区立上石神井小学校内

   交通アクセス

西武新宿線上石神井駅北口より徒歩5分





 しぜんフォト日記〈作品募集中!〉
 見つけたよ! 

 
★スマホやデジカメで身近なしぜんを写真に撮って探検隊に送って下さい。写真とおたより募集中!
5月12日(金
探検隊「はたけプロジェクト」の畑では3月に植えつけたある作物が早くもきれいなうすむらさき色の星型の花をつけています。さて、この花はなんでしょう?
同じく地面に近いところではこんな花も。
さて、この花はなんの花でしょう?ヒントは下の写真を!
(画像と情報:スタッフのつとむさん  

5月8日(月
昨年、ニンジンの葉を食べつくした幼虫。昨夜からサナギ上半身が黒くなっていました。今朝、無事にキアゲハになりました。まだ羽がかわいてないので、学校から帰ったらにがしてあげます。またたまごを産みに来るのを待っています!
(画像と情報:ジュニア隊員3年生・H.Kさん 
★きれいなキアゲハですね!去年の秋に家庭菜園でつかまえた幼虫を自宅の虫かごで冬ごしさせたのだそうです。さなぎから無事羽化してよかったですね。
 
4月16日(日)
昨年から飼育していたヤゴが、ついに羽化しました!
(画像と情報:隊員のGさん 
★昨年のヤゴ救出の際にお分けした水草に卵が付いていてヤゴになったようなのですが、それが夏になっても秋になっても羽化せず、ついに冬を越したのだそうです。ほぼ丸一年近くの飼育、さぞ大変だったことと思います。なぞのヤゴでしたが、どうやら色や模様を見る限りクロスジギンヤンマでしょうか。とにかく今年第一号のヤゴ羽化のニュースです。トンボ池やプールのヤゴたちも、季節や気温の変化をするどく感じとって動き始めているのでしょうか。次回の観察会が楽しみです!
 
3月1日(水)
トンボ池でジュニア隊員のK君に「鳥が来てるから写真撮って!」と頼まれてパチリ。
(画像と情報:隊員のGさん 
★ずんぐりとした体形。ちょうどきれいに開いた羽が撮れているので遠くからでも目立つ黄色がわかります。カワラヒワでしょうかヒリヒリ・・・って鳴いていませんでしたか。カワラヒワならヒマワリのタネが好物みたいだからコナラの木に下げたバードフィーダーに来ていたのならうれしいですね。4日の観察会でも会えるといいね。
 
3月1日(水)
「先日実家でジグモの巣を見つけて久しぶりにジグモ釣り(?)をしてみました。 子供の頃より下手になったのか、昔のクモより糸が弱いのか7回目くらいでやっとクモが出てきました。 トンボ池にもいるんですね。楽しみです! 」青→が巣。赤→が巣の主のジグモです。
(画像と情報:隊員のGさん 
★「3月の観察会でジグモ取りをします」と案内したらさっそくジグモの写真が届きました。そうそう。地面の中の巣を上手に「釣りあげる」のですよね。みなさんは、やったことありますか?けっこうむずかしいのでハマりますよ。
 
2月12日(日)
「トンボ池で小さな貝がらを見つけました。」
(画像と情報:1年生隊員のTさん 
★小さな貝がらですね。中は入っているでしょうか。なんの貝がらかな。図かんがあったらしらべてみましょう。こんなふうに寒い日には、生き物のすがたなど見られないと思っていても、よくさがせば見つかるものがあるのですね!

 
ギンヤンマの来る学校 
上石神井小学校
上石神井小学校では、毎年3年生が
「ギンヤンマ産卵お助け大作戦」として、プールに草や水生植物を入れてトンボの産卵環境を整える活動にとりくんでいます。
このようなプールのエコアップ活動により、上石神井小学校には、都内では見ることの少ないギンヤンマなど多様なトンボが、毎年たくさんやってくるようになりました。
しぜん探検隊ではこのような学校の環境教育を総合的にサポートする活動を行っています。
        
 隊員・スタッフ募集中 
上石神井小学校しぜん探検隊では、隊員・スタッフを募集しています。
参加資格は上石神井小学校に在学されるお子さん、卒業生とそのご家族、および学校関係者です。
興味をお持ちの方はメールにてお問い合わせください。